パソコンのデータを簡単にバックアップする2つの方法

パソコンのデータを守りたいならバックアップしておきましょう

セキュリティソフトを入れる最大の理由はパソコンのデータを守ることです。パソコンの中には大切なデータがたくさん保存されています。ドキュメント、写真、動画など外部に漏れるのはもちろん、紛失してしまうのは絶対に避けたいところです。

そのためにみんなセキュリティソフトを使っているわけですが、パソコンのデータを紛失するのはウイルスばかりが原因ではありません。パソコンのHDDやSSDが壊れてしまうことも考慮しなければなりません。

そこで欠かせないのがバックアップです。パソコンのデータをどこかにバックアップしておくことで、万が一パソコン本体が壊れたり、HDDが復旧不能になったとしても、別の場所にデータが残ります。でもバックアップの方法が面倒だったり難しいと思い込んでいたり、実際にやっている人はあまりいません。そんな方のために設定がほとんど必要ない、簡単なバックアップ方法をご紹介します。

パソコンのデータはクラウドにバックアップする時代

一番簡単なバックアップ方法はクラウドにアップロードすることです。パソコンのデータの一部をインターネット上のスペースに保管しておくことで、もしも今使っているパソコンが壊れても、別のパソコンにデータをダウンロードできるわけです。

世界で最も人気なのはDropboxです。パソコンにDropboxのツールをインストールすると、フォルダが自動的に作成され、その中のデータはすべて自動的にクラウド上に保存されます。

複数のパソコンでDropboxを使用した場合は、自動的に同期されるのでいつでも最新の状態を保てます。これでパソコンのデータがDropboxにバックアップできます。自分で何か操作しなくても勝手にバックアップが取れるのが魅力です。パソコン初心者にとってもおすすめです。

私は3台のパソコンでDropboxを使っているため、パソコン3台とDropboxのサーバー、合計4箇所にデータを保管しています。どこかが壊れたとしても、別の場所から復旧できる状態になっています。

>> Dropbox公式サイトはこちら

外付けHDDにデータをバックアップするのが安心

Dropboxは非常に便利なサービスです。しかしいつサービスが終了するかわかりません。もしもサービス終了したらもうDropboxは使えません。またDropboxがハッキングの被害に遭って、データがすべての消えてしまうかもしれません。

そのためデータは3種類の場所に保管することが推奨されています。1つはパソコン本体、2つ目はDropbox、そして3つ目は外付けHDDを使うのがおすすめです。

外付けHDDは近年どんどん値下がりしていて、3TBもの容量でも15000円程度で購入できます。パソコンにUSB接続して、必要なデータをコピーしておくだけでバックアップ完了です。パソコン初心者でも操作に困ることはありません。

Dropboxを比較すると、手元に残る安心感、大容量、長期保存可能などのメリットがあります。その反面、自動化するのは少し知識が必要、お金がかかるなどのデメリットがあります。

パソコンはいつ壊れるかわかりません。今やウイルス対策だけでは不十分な時代です。だからこそバックアップして大切なデータを守るべきです。今回ご紹介したバックアップ方法すべてをやるのが理想ですが、Dropboxか外付けHDDのどちらかだけでもデータを守る確率がぐっと向上しますよ。

SNSでもご購読できます。