MACにもセキュリティソフトは必要!MACユーザーが狙われる時代に!

MACユーザーが狙われる時代になりました

昔からの慣習なのか想像なのか、「Windowsにはセキュリティソフトが必要で、MACにはセキュリティソフトはいらない」という固定観念が世間で定着しています。確かに昔はウイルスといえばWindowsをターゲットにしたものばかりで、MACは安全だと思われていました。

しかし近年MACをターゲットにしたウイルスや攻撃が増えています。だからあなたがMACユーザーなら無防備でいるのは危険です。しっかしMAC用セキュリティソフトを使うべきです。

なぜMACは攻撃対象にならなかったのか

ではWindowsばかりが狙われて、MACへの攻撃がほとんどなかった理由とはなんなのでしょうか。これには3つの理由があります。

  • Windowsユーザーが大半で、MACユーザーは少なかったから
  • MACは根源的な仕様が公開されていないため、ウイルス作成が困難だったから
  • 攻撃といえばウイルスで、WEB脅威が少なかったから

昔はパソコンといえばMACでした。一部のマニアや映像制作者以外はみんなWindowsを使っていました。でもiPhoneの登場によりウェアが激変しました。iPhoneの普及に伴い、MACを使う人がどんどん増えてきているのです。

また、Windowsはソフトウェア製作者のためにすべての仕様が公開されています。どんな自由なソフトウェアも作れます。当然ウイルスもWindowsの脆弱性を狙えます。逆にMACは脆弱性がわからないように細かい仕様は公開していません。だからウイルスを作りにくいのです。

そして数年前まではITにおける攻撃とはウイルスを意味していました。メールにウイルスを添付させたり、フリーソフトにウイルスを混入させたりしていました。でも近年はウイルスよりもWEB脅威が増えています。フィッシング詐欺や不正送金など、ウイルスではなく金銭目的が増加しています。

いくらMACがウイルスの感染するリスクが少ないといっても、メールソフトや偽WEBサイトを使われたWEB脅威には無防備です。MAC用セキュリティソフトさえインストールしておけばWEB脅威を防げるのに、対策をしないのは危険と言わざるを得ません。

だからMAC用セキュリティソフトはWEB脅威対策に強いものがおすすめ

WindowsとMACを比較してみると、今もMACのほうがウイルス感染リスクは低いままです。しかしWEB脅威のリスクは一緒です。つまりMAC用セキュリティソフトを使うなら、WEB脅威への対策がしっかりしているものがおすすめです。

フィッシング詐欺、不正送金に引っかからないようにメーラーやブラウザを保護してくれるセキュリティソフトといえば、やはりウイルスバスター for MACでしょう。危険なサイトにはアクセス出来ないようにしてくれますし、危険度の判定もしてくれます。

SNSでもご購読できます。