セキュリティソフトの無料と有料の違いはなに?おすすめはどちらか解説

無料だからといって悪いわけではないけれど・・・

セキュリティソフトには無料のものと有料のものがあります。どんな違いがあるのでしょうか。そもそも無料は性能が悪いのでしょうか?でも無料のほうが駄目だと決め付けるのは早計です。

無料と有料はビジネスモデルが違うだけで、頑張って開発していることに変わりはありません。無料はたくさんのユーザーを集めて、有料プランへの申し込みや広告で売上を立てています。一方、有料は年間の使用料金で売上を立てています。

このように資金を集めることでセキュリティソフトの運営や新しい脅威への対策を実施しています。だから売上を生み出しにくいビジネスモデルは資金が少なく、セキュリティソフトの対応が遅かったり、精度が低かったりします。

代表的な無料セキュリティソフト

セキュリティソフトの世界シェアランキングでは以下の3つが上位を占めています。(2014年)

  • Avast
  • Microsoft Security Essentials
  • Avira

代表的な有料セキュリティソフト

2014年の日本シェアランキングでは以下の3つが上位です。ウイルスバスタークラウドが圧倒的No.1です。

無料と有料の3つの違い

では具体的に無料のセキュリティソフトと有料のセキュリティソフトとではどのような違いがあるかを解説していきます。

無料セキュリティソフトは機能が限定的

Microsoft Security Essentials(MSE)はWindowsユーザーなら誰でも使えるセキュリティソフトです。有料プランはありません。そのため機能はマルウェア限定となっています。

フィッシング詐欺や金融機関の不正送金などから守る機能はありません。2014年以降、マルウェアよりもウェブ脅威が深刻な状況です。つまり「MSEを入れているから安心!」なんて大間違いです。パソコンや個人情報を守るのは多機能のセキュリティソフトが必要です。

有料セキュリティソフトはサポートがある

パソコンが不調になったらどうしますか?パソコンメーカーにメールや電話するのもいいでしょう。でもウイルス感染の疑いがあるならセキュリティソフトのサポートに頼るのが一番です。

そうです。無料セキュリティソフトにはサポートがありませんが、有料セキュリティソフトは困ったときにすぐ解決できるようにサポートが充実しているのです。「ウイルスに感染しているかもしれない」と思った時に頼れるのは本当に心強いですよ。

ウイルスバスターの場合は、公式サイトに膨大な情報が蓄積されています。大抵の悩みはここで解決できます。また、有償サポートサービスとして「迷惑ソフトクリーンナップサービス」や「不正請求クリーンナップサービス」などセキュリティに関する悩みを一発で解決してくれるものが用意されています。

私は無料セキュリティソフトを使っていて感染しました

第三者機関による評価は軒並み有料セキュリティソフトのほうが優秀だと判定しています。実は私もそう思います。私は昔Avastを使っていました。Avastは世界で一番有名な無料セキュリティソフトです。

「有料なんて使う意味ないでしょ」と思っていましたが、次第に不満が出てきました。まず誤検出が酷く、いちいちポップアップ通知が出てきてとても邪魔でした。まだ、動作も重くてオンラインゲームの邪魔になっていました。

そして決定的だったのがウイルス感染です。Avastを常時ONにしていたのも関わらずウイルスに感染し、Windowsがまともに起動しなくなってしまいました。侵入経路も不明で、二度とAvastは使わないと心に誓いました。

次に試したのはMSEです。Microsoftが無料で提供しているから信頼できそうだと思ってインストールしました。でも冒頭で述べたとおり、機能は限定的です。しかも検出率が低く、ウイルスをスルーすることが多いソフトです。

結局同じように突然Windowsがポップアップ警告だらけ(お金を払え系のウイルス)になり、Windowsの再インストールを余儀なくされました。感染中もMSEは微動だにしなくて驚きました・・・。

有料セキュリティソフトを使ってからは感染なし

私がウイルスバスタークラウドを使い始めてもう5年以上経過しています。それからは一度もウイルスに感染していません。怪しいサイトはシャットアウトしてくれますし、誤検出もありません。

よって私の結論としては、無料のセキュリティソフトを使うのは非常に危険だということです。もちろんそれで十分な人もいるかもしれません。でも無料よりも有料のほうが開発資金、研究資金が豊富なのは確実です。だから大切なパソコンやデータを守るには有料セキュリティソフトのほうがおすすめです。